2013年12月25日

漆喰 室内編2

メリークリスマス!クリスマス
みなさん どのように過ごされているのでしょうか?

寒さも厳しくなり、インフルエンザ等の流行も気になるころ
体調を崩されてはいないでしょうか。

前回ご紹介した漆喰(しっくい)。
意外にも このようなウイルス性の風邪の予防にとても役立ちますひらめき
漆喰の示す強いアルカリ性が関係しており、漆喰にインフルエンザのウイルスを付着させる実験をしたところ 約2分間で99.9%のウイルスが減退したのだそう。驚きです。

「漆喰壁の家に住む人は病気になりにくいようだ」。
こうして昔から使われてきた漆喰は、先人お墨付きの安心安全な内装材といえそうです。

漆喰 室内施行例.jpg
写真は室内の漆喰の施工例です。







posted by 無添加×リブ at 20:08| Comment(0) | 無添加住宅

2013年12月22日

漆喰(しっくい) 室内編

塗装剤として用いられる漆喰(しっくい)。

石灰岩としての性質による強さは外壁材に適し、
無機物のため人体に無害であること、調湿性や抗菌性を持つ性質は
快適かつ健康な環境を保つために内壁材にも最適であるとされています。

しかし、それだけではありません。
光を乱反射し、きらきらと柔らかい雰囲気を創りだす
漆喰の魅力 室内編 の施行例をご紹介します!

ニッチ3.jpg

ニッチ1.jpg
お昼は太陽の光を反射し、明るく開放的な室内を演出します。

ニッチ2.jpg
夜は照明の光を反射。柔らかい落ち着いた雰囲気が一日の疲れを癒してくれます。

posted by 無添加×リブ at 18:00| Comment(0) | 無添加住宅

2013年12月19日

無添加住宅原点視察ツアー0日目

無添加住宅の原点であるヨーロッパやフランスの南側スペインへの視察に行って来ました。


IMG_8052.JPG



訪れた場所はフランスはトゥールーズ、コンク、カルカソンヌ、カンパン、ルルド

税金が安いアンドラ公国、危険がいっぱいのスペイン、バルセロナです。

特にスペインのコンク、カンパン、アンドラ広国は無添加住宅の祖である

秋田社長が数年前にたまたま訪れたところであまりの建物の美しさに心を奪われた場所です。

壁の漆喰や石屋根など数百年たってもいつまでも美しい風景を日本でも出来るように・・・

無添加の素材でシックハウス症候群や、化学物質過敏症にならない家造りができないか?と

こだわりの原点になった場所をみんなで訪れるツアーです。


無添加住宅研修0日目

仕事が終わり都城本社より夕方宮崎の事務所に移動

宮崎の無添加住宅モデルハウス建築現場をみんなで確認しました。

そのあと宮崎空港から大阪伊丹空港へ移動、大阪伊丹空港から関西国際空港へ移動しました。

その後ホテルにチェックイン!ホテルで最後の日本食?を食べました。

一泊してから翌日の朝関西国際空港からフランスへなんと12時間・・・

機内では映画を無料で楽しめます。機内食は2回です。


IMG_5950.JPG



IMG_5953.JPG



エコノミークラスなのでせまくてシートも倒せずかなりきついです。


なかなか安眠は出来ません。


IMG_5963.JPG



機内の窓からの風景はツンドラ地方ばかりで氷の大地です。



IMG_5958.JPG



到着1時間前になるとだんだんと町並み出てきました。

IMG_5968.JPG


フランスのフランクフルト空港で乗り換えて今度は

IMG_5973.JPG


フランスの トゥールーズ空港に到着しました。そのあと

バスにて移動ホテルにチェックインしました。


IMG_8054.JPG



IMG_5974.JPG


IMG_8055.JPG


ホテルにチェックイン後無添加住宅原点ツアー参加者の


自己紹介をそれぞれしたあとにフランス本場のフランス料理を堪能しました。


IMG_8062.JPG

IMG_8067.JPG

IMG_8068.JPG
IMG_8073.JPG

0日目は時差もあり夜はほとんど眠れませんでした。


次回は無添加ツアー1日目をお伝えしますお楽しみに・・・
posted by 無添加×リブ at 14:34| Comment(0) | 無添加住宅原点視察ツアー